取扱業務

【社労士部門の紹介】

社労士部門(広島総合社会保険労務士法人)は、平成28年6月現在、社会保険労務士4名、事務職員3名の体制です。

近年の目まぐるしい雇用労働環境の変化に伴い、人事労務に関する問題は多岐にわたり、経営者・人事労務担当者の負荷は相当なものとなっています。社労士部門は、そのような状況の打開にお応えするべく、人事労務の多種多様な分野のエキスパートが集まっています。

労働トラブルを未然に防ぎ、労使が安心して働ける快適な職場づくりを目指して、各々の社会保険労務士が専門性を高めるべく日々研鑽しております。

また、労務問題については法務部門の弁護士と連携、給与関係処理については会計部門の公認会計士・税理士と連携し、クライントにより納得いただけるように総合的判断に基づく対応をしております。

 

【社労士部門の取扱業務】

 

 労働・社会保険諸法令に基づく手続き代行

労働・社会保険諸法令に基づく手続き書類の作成及び届出を代行いたします。その際、単に業務を代行するだけではなく、クライアントの状況に応じた業務フローや仕組みを構築することにより、効率的かつ効果的なサポートをいたします。なお、手続きにあたっては、電子申請を導入しており、大量の手続きにも迅速に対応できる体制を構築しています。


(主な取扱い手続き)

労働基準法関係、労働安全衛生法関係、労働保険関係、社会保険関係、労働者派遣法関係、その他関係法令に基づく書類の作成・届出・申請手続き

 

 給与計算代行

 毎月の給与計算業務および賞与計算業務を代行いたします。クライントの状況に応じ、タイムカードの集計作業をはじめ、給与明細作成、銀行振込データ作成、エクセルデータご提供、各種帳票作成等の給与計算業務に関わる全ての業務の対応が可能です。また、給与明細をPC、スマートフォン、タブレット等で閲覧可能なWEB給与明細システムもご利用可能です。

 就業規則その他各種規程の作成

  会社のルールブックである就業規則をはじめ賃金規程、退職金規程等の人事労務関連の諸規程の作成から法改正に対応した改定を行っております。作成・改定の際は、企業理念や会社の意向等を総合的に考慮した上で、最適な規定をご提案させていただきます。また、就業規則を分かりやすくまとめたルールブックの提供や、就業規則の社内説明会・勉強会等の講師も承っております。

 助成金の申請

  厚生労働省管轄の助成金の申請書類の作成および届け出を承っております。助成金は毎年のように新設・廃止されるものがあり、また、申請書類や受給要件も日々目まぐるしく変わっています。そのような状況下において、クライントの負担が最小限になるように助成金の申請をサポートさせていただきます。


(主な取扱い助成金)
従業員の雇用維持を図る場合の助成金、離職者の円滑な労働移動を図る場合の助成金、従業員を新たに雇い入れる場合の助成金、従業員の処遇や職場環境の改善を図る場合の助成金、 障害者が働き続けられるように支援する場合の助成金、仕事と家庭の両立に取り組む場合の助成金、従業員等の職業能力の向上を図る場合の助成金、労働時間・賃金・健康確保・勤労者福祉関係の助成金


 

 年金相談・裁定請求

 公的年金に関する相談および裁定請求をサポートします。特に、当事務所では、障害年金の相談・裁定請求に力を入れて取り組んでおり、積極的な情報提供をさせていただいております。


 また、確定拠出年金・確定給付企業年金・厚生年金基金等の企業年金分野においては、全国でも数少ない専門家として様々な課題解決に取り組んでいます。

 

 人事・労務管理体制の構築支援・相談

 行政(労働基準監督署・公共職業安定所・年金事務所)調査対応、労務監査、人事労務デューデリジュセンス、社内研修(メンタルヘルス研修、ハラスメント研修、労務管理研修等)等、人事・労務管理上の課題をトータルでサポートし、クライアントの実情に合った業務フローや効果的なサービスを提供いたします。社外人事部・総務部としてご活用ください。