広島総合法律会計事務所設立の理念

 社会が安定的に発展していくための最も重要なキーワードは「納得」です。
 法的紛争の解決、円満な経済活動の遂行も「納得」のもとに行われなければなりません。
 「納得」するためには、法理論・経済理論のみでは完結しません。法理論・経済理論のみに習熟した弁護士・公認会計士・税理士では、真の意味での「納得」の実現は達成できません。

 社会生活を営むということは、社会を律する法に従うということと同時に、適切な経済活動を行いつつ生活することを意味しています。
 したがって、物事は常に法的側面と経済的側面を有しています。紛争解決に際しても、法的整合性とともに経済的あるいは税務的整合性が取れていなければならない所以です。
 
 社会の発展は法律、経済の複雑化をともないます。一人の弁護士、一人の公認会計士、一人の税理士が、すべてを網羅的にカバーし尽すことは至難の業です。
 市民あるいは企業は、有機的一体な存在として社会活動を行っており、その直面する法的・経済的問題の解決にあたっては、直面している部分についてのみ考えればよいというものではありません。その人、その会社の全体にとって、また将来にとっても、最適なものでなければなりません。
 専門性の高いプロフェッションが複数で、その専門性を提供しつつ、総合的判断を形成し、そろってことに当たらなければなりません。

 社会は世代を超えて発展していきます。あなたが亡くなっても、あなたの会社は経済活動を停止しません。あなたの子供たちはより良い社会を目指してさらに努力を続けていきます。私が亡くなっても、当事務所はあなたのために、あなたの子供たちや後輩のために、さらなる研鑽をもって専門性を高め継続的にアドバイスをおくり続けます。

専門家集団による総合的判断に基づく最適なアドバイスを継続的に次世代にまで責任が持てる体制で

広島総合法律会計事務所
弁護士 武井 康年

 当事務所のエントランスには「正義の女神像」が置かれています。
 「正義の女神像」は、ギリシア神話の女神テミスやローマ神話の女神ユスティティアをモデルとした像で、一般に右手に剣を、左手に天秤を持っています。剣は法の厳しさや司法の権威・権力を、天秤は法の公正・公平を現しています。多くの場合、女神は目隠しをしていますが、この目隠しは、先入観や予断を持たないで裁くという理想を表現していると言われています。
 当事務所では、この正義の女神像の持つ天秤の形を、常に法の公正・公平を念頭に置くという思いをこめて、A&A(Attorney&Accountantの略)の形を表すロゴマークとしています。